特設ページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/japancinema

ロシアの五大映画祭アムールの秋映画祭で上映・日本映画が決定!

一般社団法人ユーラシア国際映画祭はロシアのアムール州州都、ブラゴベシチェンスク市で2020年9月13日~22日まで開催される第18回「アムールの秋映画祭」にて第二回「日本シネマデイズ」を開催し、6本の日本映画を上映します。本企画は、ロシアのアムール州政府主催で、配給制作GOD KINO RU社と弊社との共同企画です。アムールの秋映画祭はソチオリンピック後から続くロシアの5大映画祭の一つ。オンラインで日露をつなぐ舞台挨拶などwithコロナ時代の活発な国際文化交流を実現します。アムールの秋映画祭と一社ユーラシア国際映画祭は、業務提携を結び日露共同制作映画「歳三の刀」を製作準備中です。

ロシア現地の審査員と協議を重ね、一般公募、推薦双方で作品を募集し、長編2編、短編4作品、合計6作品を選定しました。井上雅貴監督「ソローキンの見た桜」は7月末よりロシア全土で正式上映が決定。このような大型日露映画の実現は、1975年に黒澤明監督が製作した日露合同映画「デルス・ウザーラ」以来45年ぶりの快挙であり、他上映作もロシアでの配給を目指します。また、今回最新作「恋恋豆花」を上映する今関あきよし監督はオールモスクワロケで撮影された映画「ライカ」を製作経験があります。サンドウィッチマン富澤たけし氏初監督作品「花嫁の手紙」も上映。コロナ禍でロシアに笑いや希望を届けます。

2020年 第18回アムールの秋映画祭「日本シネマデイズ」

会期 2020年9月13日~22日 上映会場:ロシアアムール州州都ブラゴベシチェンスク市 パブリックカルチャーセンター

主催  アムール州政府 ロシア文化省

企画 GOD-KINO-RU社 一般社団法人ユーラシア国際映画祭

 

 

『ロシアの5大映画祭にて日本映画を上映!記者会見』
日程:2020年8月21日(金)午前11時~ 042-620-7228
場所:八王子記者クラブ
登壇者:増山麗奈(一社ユーラシア国際映画祭代表理事、映画監督)
    富澤たけし監督(「花嫁の手紙」監督・サンドウィッチマンビデオメッセージ)
    須賀力プロデューサー(「セカンド・プロローグ~扉を開いて~」プロデュサー)他

【第18回アムールの秋映画祭・日本シネマデイズ上映作品】
●「ソローキンの見た桜」(井上雅貴監督)
●「恋恋豆花」(今関あきよし監督)
●「花嫁の手紙」(富澤たけし監督)
●「セカンド・プロローグ~扉をあけて~」(辻本和夫監督)
●「歪な体温」(片山拓監督)監督ショートバージョン
●「サダコの鶴~地球をつなぐ~」ショートバージョン(増山麗奈監督)
●日露合同映画「歳三の刀」(アンドレムイ・ムシュキン監督/増山麗奈監督作)トレイラー