#Metoo映画祭

ハリウッドから生まれた女性や弱者が、セクハラ、パワハラ、レイプ被害を訴える流れ #metooは、世界中に広がりました。
 実際に枕営業やセクハラ被害を告発する女優、石川優美さんや、専門家を招いてのトーク、シンポジウム
 レイプや女性の人権に関わる映画上映「女性の力」をテーマにしたインドの打楽器、日本の太鼓演奏など
 
【日時】2018年4月23日(月)午後2時開場 午後3時開演
【場所】麻布区民センター 区民ホール
麻布区民センター
〒106-0032 東京都港区六本木5-16-45
 
TEL:03(3583)5487  FAX:03(3583)5547
http://www.azabu-civiccenter.jp/shisetsu/list_1.html
【内容】レイブや女性のパワーに関する映画上映、シンポジウム、演奏会
【入場料】資料代 500円
15時~ 映画「声なき叫び」上映

metoo世界映画の動き 中国女性映画祭・インド・スウェーデンから

増山れな監督作 新#metoo映画プロジェクト発表 コンサート

 19時 シンポジウム「Metooから~誰もが大切にされる社会へ」
【上映映画】
●映画「声なき叫び」(1982年 カナダ作品)
強姦の被害者を中心にニュースフィルムを挿入したり監督と編集者の対話などを盛り込んで、強姦の深刻さを訴えかける。アンドレ・ネジャーの書いた実話ドキュメント『スザンヌの物語』を基にしている。製作はアンヌ・クレール・ポワリエとジャック・ガニエ、製作指揮はローレンス・ペール。監督は女性のアンヌ・クレール・ポワリエ。脚本はポワリエとマルト・ブラックバーン、撮影はミシェル・ブロー、音楽はモーリス・ブラックバーン
 
【シンポジウム出演者】
織田道子(東京-強姦救援センター)
石川優実(女優/芸能界のセクハラ告発)
増山れな(映画監督)
深月ユリア(女優)
黒岩貴(サイコドクター)
角田由紀子(弁護士)ビデオ出演
アイナ・ダレントフト(スウェーデン人権活動家)
阪口しほ(NPO法人ボーンフリーアートスクール)
【コンサート】
アルン・スラグ(インド人演奏家)
ななしき(和太鼓)
白井愛子(歌手)
【主催】
東京強姦救援センター
一般社団法人 ユーラシア国際映画祭
スタジオQ
【協力】
中国国際女性映画祭 中国国际女性影展主席
【協賛】
麻布メンタルクリニック
NPO法人 ボーンフリーアートスクール(阪口しほ)
水野永子
【後援】
一般社団法人スウェーデン社会研究所
【協力】
#metoo映画祭では
企業や個人のスポンサー募集を募集しています
個人協賛一口 5000円
団体協賛一口 50000円から 何口でもありがたいです、
ご協賛者様はチラシ・会場配置パネルにて企業・個人名を明記(ご希望の団体・個人様は)させていただきます。
お問い合わせは
renaart1225@yahoo.co.jp 増山れな まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆうちょ銀行 10150-94241451
他銀行から 店番 018 普通 店名 〇一八 9424145
口座名  ユーラシア映画祭